知っておきたい!結婚が決まったら女性に婚約指輪を贈ろう

サプライズでも二人で選んでもOK

結婚が決まったら、男性は女性に婚約指輪を渡しますよね。二人にとって、一生の思い出に残りますよね。映画やドラマなどでは、男性が結婚相手に婚約指輪を渡すシーンはよく描かれていますよね。映画やドラマの中では、サプライズで突然指輪を渡していることが多いです。実際には、二人で指輪を選びに行って、女性の気に入ったものをプレゼントするというカップルも少なくありません。二人がそれぞれ納得するスタイルで指輪を渡します。

どういう指輪がいい?

婚約指輪は、プラチナのリングに一粒ダイヤモンドが付いているものが一般的ですよね。女性が好きなブランドがあれば、そのブランドが展開している婚約指輪を渡すと喜ばれるでしょう。ボックスや紙袋にもブランド名が書かれているので、指輪以外にも思い出に残るものができますね。プラチナの質やダイヤモンドの質を考えて、あえてブランドを選ばずに、ダイヤモンドの卸売店へ行って選ぶ人もいますよ。ブランド物と同じ値段でも大きなダイヤモンドが付けられますよ。

婚約指輪のお返しをプレゼントすることもある

結婚することが決まって、婚約指輪を貰ったら、女性は男性にお返しをすることがあります。これを、結納返しと言うこともあります。女性側から、男性に対して、婚約指輪に見合った値段のものをプレゼントします。同じくらいの値段か、それ以下の値段が相場です。定番は腕時計ですが、男性が気に入ったものを渡すのがベストでしょう。渡すタイミングは、結納の時だったり、特別なシチュエーションを設けておくと、思い出深くなりますよ。

プロポーズに使う婚約指輪の相場は、一昔前までは給料の3か月分と言われてましたが、時代が変わり相場を気にせず購入する人が増えてます。